最新情報

少子高齢化に伴う人口減少などの影響により、
空き家や空き地が増え深刻な社会問題となっています。
国や地方自治体では資産の活性化のために、
いろんな支援が行われてきました。
高崎市では「空き家緊急総合対策事業」として、
空き家の管理・解体・活用を支援する
助成制度を実施しています。

少子高齢化

誰に相談したらよいか分からない

まずは不動産のプロにご相談ください!

不動産会社・弁護士・税理士・司法書士・
土地家屋調査士・行政書士等
各分野の専門家たちと連携を図り、
問題の解決に当たります!

空き家・空き地でお困りのあなた!

  • 実家を相続したが持ち家があるしどうしたらようだろうか?
  • 兄弟の共有で相続したので自分一人ではどうにも出来ない
  • 何年も経過しご近所から苦情が来ている
  • 遠方にいるので現地に行くことができない
  • 荷物がそのまま残っているがその処分に困っている
  • 建物を解体して更地にすると税金が高くなるのでは?
  • 思い入れのある建物なので残したい
  • リフォームをしたら高く売れたり高く貸せるだろうか?
  • 売るとしたらいくら位になるか金額が知りたい

こんな疑問・お悩みにお答えいたします!

  • そのまま管理する

    売却も賃貸もしない

    ほったらかしでは、ご近所から苦情となります!
    市の助成があります。

  • 売却する場合

    土地も建物も売る

    維持管理の費用や税金などが掛からなくなります。

    建物を解体して土地を売る

    条件が合えば解体費の助成が受けられます。

  • 賃貸する場合

    土地・建物を貸す

    修繕やリフォームを行えば家賃収入が得られます。
    家は使っていないと傷みが早くなります。

    土地を貸す

    建物を解体して土地を貸します。定期借地にすれば
    期限が来れば土地は返ってきます。

  • 土地活用する場合

    駐車場として貸す

    少ない投資で活用できます。

    戸建て貸家・アパート・マンションを建てて貸す

    規模により投資額が異なります。

    流通店舗として貸す

    幹線道路に面している大きな土地をお持ちの方におすすめ。

    介護施設として貸す

    高齢化社会によりニーズが高まっています。

空き家・空き地でお困りのあなた!

お電話でのご相談は027-387-0708